お金を借りる

審査

カードローンはお金を借りるのに、とても便利なものです。

使い道が決まっているわけではありませんし、借りたい時にコンビニのATMなどから簡単に利用できます。

そこでカードローンの申込をした時の、審査基準などを基本的な部分から解説していきましょう。

銀行系カードローンと消費者金融はどう違う?

カードローンの代表と言えば、銀行系カードローンと消費者金融です。この2つにはどんな違いがあるのでしょうか。

大きな違いとしては、適用法律が違いから総量規制があるかないか、となります。

総量規制とは年収の3分の1までしか融資ができないというもので、消費者金融や信販系カードローンに適用されます。

対して銀行系カードローンでは銀行法が適用されるため、総量規制の対象外となっているのです。

ただし最近では自主的に総量規制に近い、融資の規制を行っている銀行系カードローンも増えています。他にも様々な違いがありますので、細かい部分を見ていきましょう。

銀行系カードローンの金利はどのぐらい?

銀行系カードローンと消費者金融の違いに金利があります。消費者金融だと、大手でも上限金利が18%前後です。

対して銀行系カードローンでは15%前後が一般的な金利になります。上限金利とは4%~18%という表記があった時の、高い方の数字を指す言葉です。

原則として申込をしたばかりの時は借入希望額にもよりますが、ほぼ上限金利に近い数字が適用されます。よほど高収入の人であれば、最初から下限金利に近い金利になる可能性はあるでしょう。

ただ一般的な人からすると、ほぼ上限金利が適用されますので、この数値を比較することが大切です。

たった3%の違いに思われるかもしれませんが、借入する額が大きくなるほど、返済の期間が長くなるほど金利による利息が大きく違ってきます。そのため金利という点で見ると、銀行系カードローンが有利になるでしょう。

銀行のローン商品にはどんなものがあるの?

銀行にはカードローン以外にもローン商品があります。

カードローンでの使い道が決まっている場合は、こうしたローン商品を使った方が低い金利を適用してもらえるのです。

代表的なものですと、住宅ローンや教育ローン、カーローンなどがあります。住宅ローンは住宅の購入やリフォームの費用に使えます。

教育ローンなら子どもの学費や進学費用など、カーローンならば車の購入などとなる形です。使い道は限定されますが、金利が低いために利息を少なくして借りられます。

そのためこれらのローン商品で間に合うのなら、カードローンよりも使い勝手はいいでしょう。

金融業者の審査基準はどうなっている?

では金融業者に融資の申込をした時の、審査基準を考えてみます。

基本的に審査の基準というのは、金融業者ごとによって内容が異なっているものです。
その審査の基準が公表されることもありません。

しかし重要だとされるポイントがあるため、そこをしっかりと押さえておくと審査に通りやすくなるでしょう。

クレジットスコアって何?

金融業者の審査基準の1つが、クレジットスコアです。クレジットスコアとは、これまでの履歴のことを指します。

カードローンに限った話ではなく、クレジットカードの使用履歴やショッピングローンなどの履歴も含まれる形です。最もスコアが高くなるのは、ローンを利用したとしてもきちんと完済しているケースです。

支払いの遅延や延滞もなく、完済をしたという実績があるとスコアが高くなります。反対に返済に滞りがあると、スコアが低くなるのです。

きちんと支払いをしたとしても遅れてしまったり、延滞があるなどのケースではマイナスとなります。身近なところでは携帯電話のローンなどでしょう。

一括で購入していると問題ないですが、分割払いをしている時に代金の支払いに遅れているとスコアにマイナスがつきます。

審査が通らない場合の4つの原因を検証

お金を借りようと申込をしても、審査に通らないことがあります。

その主な原因を4つ紹介してみましょう。

原因を知ることで、審査に通る確率を高くすることができます。最低限の基準などもありますので、しっかりと確認をしてください。

職業が原因の場合

消費者金融、銀行系カードローンともに職業が原因で、審査に落ちてしまうことがあります。その理由となるのが収入が不安定である、という点でしょう。

特に自営業は借入するのが厳しくなります。そもそも事業用の資金として、カードローンでお金を借りることができません。事業用には別にビジネスカードローンなどがあるからです。

そのため自営業者は一般的な借入をするのが難しくなります。提出する書類も多くなりますし、審査にも時間がかかってしまうのです。

反対に公務員など安定した職業の場合は、収入の多寡にかかわらず審査に通りやすくなります。またアルバイトでもOKという場合も、シフト制で月に何回入るのかが比較的に安定しているのなら、審査に通りやすいでしょう。

反面で日雇いのアルバイトの場合、継続した収入には繋がらないため、収入が多いとしてもお金を借りるのが難しくなるのです。

希望金額を年収の1/3以上にした場合

消費者金融や信販系カードローンに申込をする時に、注意をしたいのが年収の3分の1以上の借入希望額とする点です。

原則として消費者金融や信販系カードローンでは、総量規制の対象となるため年収の3分の1までしか融資はできません。そのため審査に落ちてしまうのです。

銀行系カードローンは総量規制の対象外であるので、年収の3分の1以上の融資も可能となっています。

ただ属性のスコアリングや信用情報など、よほど有利な条件が整っていないと審査に通るのは難しいでしょう。

総量規制の対象外といっても、自主的に融資の額に限度を設けている銀行も少なくありません。結果として年収の3分の1以上の融資は、受けにくくなっているのが現状です。

過去5年以内に破産など金融事故がある

信用情報に関わるのが、自己破産などの金融事故です。

これらの記録は信用情報を管理する、個人信用情報機関に5年から7年は残ることになります。正確には任意整理や個人再生、自己破産といった債務整理の記録が残るという形です。

そのため債務整理を行った場合、この記録が残っている機関は消費者金融や銀行系カードローン、信販系カードローンのすべてでお金を借りるのは難しいでしょう。

ただ消費者金融の中でも、規模の小さいいわゆる街金であれば、借りられる可能性があります。

また債務整理だけではなく、他のローンの支払いで遅延や延滞があったというケースも良くありません。返済能力に不安があると見られてしまうため、基本的に審査では悪影響を与えてしまうからです。

勤続年数が短すぎる

意外と重視されるポイントが勤務先での勤続年数です。短い場合だと、直ぐに仕事を辞めてしまうのかと勘ぐられてしまいます。

仕事を辞めてしまうと返済能力に不安があるため、金融機関は勤続年数の長さを重視するのです。仮に収入が少ないとしても、勤続年数の長い場合だと審査に通る可能性が高くなるでしょう。

反対に収入が多くても、勤続年数の長さが1年未満というケースだと難しくなるのです。特に注意をしたいのが転職や就職をして、半年以内という場合です。

このケースでは審査がかなり厳しくなります。シンプルに収入の多寡が審査に直結するのではなく、こうした勤続年数などもしっかり考慮されるので、申込をするのなら最低でも1年以上は勤務してからにしてください。

金融業者の在籍確認は必須なのか?

金融業者に融資の申込をすると、必ず行われるのが在籍確認です。

これは申請した書類に、虚偽の記入があるかないかを確認するために行われています。どの金融業者であっても必ず行うものですので、むしろ在籍確認をしないでいいと謳う業者があれば闇金を疑った方がいいでしょう。

ただ申込のタイミングによっては、会社が休みであるケースもあります。そうした時に即日での融資を希望するのなら、電話での確認の代わりに在籍証明ができる書類を提出することで、代替措置として認めてもらえることもあるのです。

大手の消費者金融などでは、こうした融通を利かせてくれますので即日融資を希望する場合には覚えておくといいでしょう。

ちなみに代替措置として提出する書類は、社員証や給与明細、源泉徴収票などになります。
どういった書類が必要になるのかは、実際に申込をする前に確認しておくといいでしょう。

金融業者のブラックリストとは何か

どの金融業者に申込をしても、審査で落ちるという場合があります。この時にブラックリストに載っていると言う表現をする人もいますが、実際にはそうしたリストはありません。

金融業者が言うブラックリストとは、個人信用情報のことです。この個人信用情報に金融事故の情報が記載されていると、審査ではねられてしまいます

また申込ブラックと呼ばれるケースも考えられます。申込ブラックとは同じ月に3件以上の金融業者に、借入の申込をした場合を指す言葉です。信用情報には、どの業者にいつ申込をしたかも記載されます。

そのため同じ月に何度も申込をしていると、よほどお金に困っているのだと判断されるのです。結果として審査で落ちる可能性が高くなります。

他にも以前に同じ会社から融資を受けて、延滞や遅延を繰り返した、または踏み倒したなどのことがある場合は、その履歴が残るため借入するのは難しいでしょう。

審査に落ちたあとにすべき3つのこと

では金融業者に申込をして落ちてしまった時は、どうすればいいのでしょうか。ここでは主に3つのポイントに絞って紹介してみます。

ポイントを実行すると、必ず審査に通るわけではありません。

しかし審査に通る確率は高くなるでしょう。

使ってない枠を解約する

最初にしておきたいのは、使っていないカードローンなどがあるのなら解約をしておく点です。

これは枠を空けるという意味を持っています。基本的に金融業者というのは、多重債務を嫌います。多重債務になると、返済能力に不安が出てくるからです。

特に銀行系カードローンはその傾向が強いため、できるだけ使っていない枠は解約をしておくといいでしょう。使う予定がないとしても、申込をした金融業者は使うものだとして計算をします。

そのため総量規制のある消費者金融などでは、借入希望額によっては審査をするまでもなく、断るしかなくなるケースもあるでしょう。ですので使わない枠は解約をして、できるだけ整理しておくのをおすすめします。

個人信用情報が消えるのを待つ

債務整理をした過去がある、返済の延滞や遅延を何度も起こしたことがあるという場合は、個人信用情報が抹消されるのを待つのもポイントです。

個人信用情報はそれを管理する団体によって、抹消されるまでの期間が異なります。

だいたい5年から7年程度となっているので、債務整理をしてからこの期間はお金を借りられません。

ちなみに費用はかかりますが、自分で個人信用情報を確認することも可能です。そのため情報が消えているかどうかを、確実に知ることができるでしょう。

申し込む場所を変える

審査に落ちてしまった場合は、申し込む場所を変えるのも方法の1つです。先にもお伝えしたように、金融機関はそれぞれの審査基準を設けています。

そのためA社では審査に通らなくても、B社では審査に通るというケースは少なくありません。ですので1つのカードローンにこだわるのではなく、別の会社に申込をするのもおすすめしておきます。

ただ先述した申込ブラックにならないように、同じ月に申込をするのは2社までとしてください。

審査が全くない金融業者は闇金で間違いない!

希に審査をしないで融資可能、などと謳う金融業者もいます。街中にある電信柱や壁などに、広告が張ってあるケースです。

お金に困っていると、審査なしで借りられるのならと思う人もいるかもしれませんが、絶対に連絡をしないでください。なぜならこうした業者は闇金で間違いないからです。

特に携帯電話の番号しか記載していないのなら確実でしょう。貸金業者は法律によって、固定電話の番号がなければ開業できません。そのため携帯電話の番号しか載っていないのなら、法律に違反していることになるのです。

闇金でもお金を借りられるのならと思うかもしれませんが、法律で定められた金利以上の暴利を取られてしまいます。

個人情報がバレてしまうと、しつこく付きまとわれてしまうため、絶対に利用しないでください。きちんと法律を守って営業をしている金融業者は、必ず審査を行っています。

初心者でも安心!おすすめの5大カードローンを紹介

最後に初めてカードローンを利用する初心者の人でも、安心して借りられるおすすめ会社を紹介します。

どこも知名度が高いので、騙されてしまうということはありません。それぞれの特徴を把握して、どこを選ぶか検討してみてください。

楽天銀行カードローン

楽天グループの銀行が提供しているのが、楽天銀行カードローンです。

銀行系のカードローンの1つで、金利は低めの設定になっています。1.9%~14.5%ですので、消費者金融の上限金利よりもかなり低めです。

運営の母体がIT企業で、ネットバンクが提供するカードだけにウェブ系のサービスが充実しているのもポイントでしょう。申込から借入、返済のすべてをウェブ上で済ませることができます。

反面で店舗がないため、電話や無人契約機での申込ができません

申込方法はネットに限られてしまうため、比較的に若い世代をターゲットにしていると言えます。

申込における年齢条件でも、20歳以上62歳以下と他社よりも上限年齢が厳しい設定になっているのも特徴でしょう。

また楽天ユーザーは審査が優遇されるなどの特典があり、グループ内で使えるポイントも進呈されているのが魅力です。楽天を良く使っている人であれば、メリットも大きいでしょう。

ちなみに銀行系にしては珍しく、口座の開設が必須ではありません。最後に覚えておきたいのが、銀行系カードローンになるため即日での融資には対応していない点です。

早くても翌営業日に融資となるため、即日融資を希望する人は消費者金融に申込をしましょう。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

メガバンクである三菱UFJ銀行のカードローンが、バンクイックです。

日本を代表する銀行が母体となっているだけあって、その信頼性の高さに言うことはないでしょう。銀行系のカードローンらしく、金利は1.8%~14.6%と低めです。

また支払いが厳しい時には嬉しいのが、最低返済額が少ない点でしょう。バンクイックでは最低返済額が2000円となっています。借入額にもよるのですが、この返済額の少なさは魅力です。

ただ1つ注意したいのは、最低返済額だとギリギリ利息の返済をすることになるため、元金がなかなか減りません。

そのため支払い期間が長期化するため、利息を多く支払うことになってしまうのです。つまり支払いに余裕ができてきたのなら、任意返済を使ったり、月の返済額をアップした方がお得に利用できます。

またバンクイックの特徴としては、三菱UFJ銀行や提携する企業のATM手数料が無料であることです。

コンビニのATMとも提携していますので、旅行先や出張先などで急にお金が必要になったとしても安心して借りられます。

レイクアルサ

レイクアルサは2018年に経営の形が変わっています。

元は新生銀行カードローンレイクという名称で、銀行系カードローンでした。しかしレイクアルサとなってからは新生銀行のグループではありますが、消費者金融という形をとっています。

金利は4.5%~18%と、一般的な数字です。レイクアルサは即日での融資に対応していることもあって、審査のスピードには定評があります

AIを利用した審査を行っていて、最短で60分以内の融資が可能としているほどです。

またレイク時代から売りであった、初回利用時に限って利息を180日か30日はなしにするサービスも引き続き行っています。他の特徴としてはモアタイムシステムを導入した点でしょう。

従来では銀行の営業時間である15時にあわせて、即日融資で振込を希望するのなら平日の14時45分までに手続きを終了している必要がありました。

しかしモアタイムシステムを導入したことによって、金融機関への振込が24時間365日可能となっています。

振込先の銀行がモアタイムシステムに対応している場合に限られますが、いつでも振込をしてもらえるようになりました。ちなみにメガバンクはほとんどが対応しています。

アコム

テレビなどでも積極的に宣伝をしているのがアコムです。

大手の消費者金融の1つで、カードローン専用の商品とカードローン機能がついたクレジットカードの2つを提供しています。大手消費者金融の中でクレジットカードを発行しているのは、アコムのみです。

審査のスピードが速く、最短で30分程度で終わります。即日での融資にも対応していますし、振込にこだわらないのであれば自動契約機を使っての融資も可能です。

金利は3%~18%と低くはありませんが、大手消費者金融の中では一般的な数字となっています。

ちなみにアコムならではのメリットとしては、事業性の資金としても使うことができる点です。他社は原則として自営業の申込を受け付けていても、事業用の資金として使うことは認めていません。

その点アコムでは自由に使うことができますので、自営業者にとっては嬉しいサービスだと言えます。

またアコムでも初回利用時に限って、契約日の翌日から30日以内の無利息サービスをしているので、短期間で完済する予定であればお得に借りられるでしょう。

SMBCモビット

SMBCモビットも消費者金融の大手です。

SMBCとあるようにSMBCグループ企業となります。ただ銀行が母体ではないため、消費者金融という扱いなのです。SMBCモビットではウェブ完結の手続きがとても便利でしょう。

店舗に来店する必要もなく、契約から借入までが行えます。契約書類の郵送などもなく、WEB完結なら電話連絡なしと評判です。

ただし2つの条件を満たしている必要があります。

1つは三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかの口座を持っていることです。

もう1つは社会保険証か組合保険証を所有している人になります。

社会保険証は全国健康保険協会が発行しているもので、組合保険証は健康保険組合や共済組合が発行しているものです。つまり自営業者だと国民健康保険証になるため、ウェブ完結は利用できません。

金利は3%~18%と消費者金融としては、一般的な数字です。無利息期間のサービスもないのが、デメリットでしょう。また三井住友銀行のATMの手数料は無料ですが、それ以外には手数料が無料となるATMはありません。

全体的に利用しやすいカードローンではありますが、デメリットも把握しておいてください。

まとめ

お金を借りる時の金融機関の、審査基準などを紹介しました。

審査で重要となるのは信用情報と属性です。特に消費者金融や銀行系カードローンではこれらが重視されますので、申込をする前に確認するのも良いでしょう。

正式に申込をするのではなく、簡単な条件入力で審査に通るかどうかの目安にできる簡易審査を導入している、カードローンも少なくありません。

不安な人はこうした簡易審査を利用して、自分の条件で審査に通るかどうかを確認しましょう。単純に年収が多ければ審査に通る、というものではありません。

他にも借金があるのか、返済の状況はどうなのか、過去の履歴なども関係してきます。また勤続年数の長さなども審査の対象ですので、仕事に就いてすぐに申込するのは避けておきましょう。

ちなみにお金に困っているからといって、審査なしなどと宣伝をしている業者に申込をしてはいけません。

それらの業者は闇金である可能性が高いため、確実にトラブルの元になるからです。

初めてカードローンを利用するのなら、大手の消費者金融や銀行系カードローンなどを利用した方がいいでしょう。

即日融資で無審査をうたうキャッシングでお金借りるのは要注意!

  日々の暮らしの中で思いがけずお金が不足してしまうことも多いものです。 もしも財布の中身や銀行の預金残高を支出しても必要な差額が埋まらない時には、思い切って銀行や消費者金融を使ってお金を借りることを選択すると […]

続きを読む

家族に内緒でバレずに借り入れできるかどうか!?

日頃の生活の中では思いがけないタイミングでまとまったお金の用立てを迫られることも多いものです。   特に守るべき家族がいると、生活は自分一人だけの問題ではなくなり、窮屈な思いをすることなく暮らせるようになんとか […]

続きを読む

消費者金融でお金借りると銀行で借りれないのですか?

消費者金融からお金を借りているから、銀行から借りられないということはありません。 ただ、借りにくくなるのは確かなので、借りる金額を減らすなどの工夫は必要でしょう。   銀行のキャッシングは総量規制外となるため、 […]

続きを読む

消費者金融で無利息サービスを徹底比較!レイク・ノーローン・アコム・プロミスなど

現在、大手の消費者金融では無利息期間のサービスを展開しています。これはいったいどういうサービスなのでしょうか。 無利息サービスとは?わかりずらい『30日間無利息』どこよりも簡単に解説!? 大手消費者金融業者やカードローン […]

続きを読む