お金を借りる

消費者金融

これまでお金を借りた経験が無ければ、分からないことが多く不安な気持ちになるのも当然です。この記事では、初めて消費者金融を利用する方のために、安全で確実な利用方法と注意点についてご説明します。最後には、具体的な社名を挙げたうえで優良業者の比較も行っていきます。

消費者金融とは何か

まずは、消費者金融とはどういうものなのかご説明しましょう。

簡単に言えば、個人利用者向けの小口専門融資サービスのことを指します。

最大の特徴は、個人が気軽にお金を借りることできるが点です

最近では申し込んだその日に現金の融資が可能な「即日融資」が常識となりつつあり、さらに利用しやすくなっています。

消費者金融を利用できる条件は、主に「満20歳以上で、定収入のある方」のみであり、この条件を満たしてさえいれば基本的に利用することが可能です。

ただし、条件を満たしていても利用できないケースもあります。消費者金融では利用の際、必ず個人の信用を図るために審査を行い、その人の年齢や年収、勤続年数等を考慮し、信用に値するか、お金を貸しても大丈夫かを精査するのです。

 

消費者金融が最も避けたいのは、貸したお金が返ってこない、貸し倒れのリスクを抱え込むことです。そのため、年収が安定していなかったり、他に何件もの借入があるような人は求められる基準を満たすことができず、借入を断られる場合があります。

闇金融とは違うの?

上で述べた消費者金融とは別に、闇金融と呼ばれる金融業者が存在します。両者の最も大きな違いは金利ですが、以下で詳しくご説明しましょう。

消費者金融における金利は、利息制限法によって厳しく定められています。たとえば10万円以下の借入の場合、適用して良い金利の上限は年率20パーセントまでです。

100万円未満では18パーセント、それ以上で15パーセントとそれぞれ決まっています。どの消費者金融も、この利息制限法を元に金利を設定してお金を貸しています。

対して闇金融はこの利息制限法を完全に無視し、法外な金利を請求します。たとえば10日で50パーセント、1日で30パーセントの利息などです。なぜこのような法外な金利を請求するのかと言えば、上の項でも述べたとおり消費者金融を利用できない層にお金を貸すためです。

どこでも良いからお金を借りたいと考えている人からすれば、たとえ金利が法外であっても現金さえ手に入れば良いと思ってしまいがちなのです。

消費者金融の利用者は3つの法律で守られている

消費者金融を利用する際、その利用者は以下に挙げる3つの法律によって守られています。

 

お金を借りる、と言うと簡単に聞こえますが、そこには少なからずリスクが潜んでいるのです。

 

たとえば毎月の返済が追い付かず、やむなく債務整理を行う利用者も多く存在します。他にも、住宅ローンの審査に通りづらくなったり、借金の事実が知人に知れ渡ればあまり良い印象を持たれません。

 

プライベートな部分は自分でどうにかするしかありませんが、法律で守られるのは最低限の生活と利用者の権利です。次の項から順番に詳しく説明します。

総量規制

1つめは、これまでにも少し触れた「総量規制」と呼ばれる法律です。これは主に利用者の借り過ぎを抑制するもので、総量規制の対象となる融資商品については年収の3分の1を超えて借りることはできないとするものです。たとえば年収が600万円の人であれば、その3分の1、200万円までしか借りることができません。不便に思うかもしれませんが、たとえば総量規制が無く年収600万円の人が1000万円まで借りられるとしたらどうなってしまうでしょうか。借りることそれ自体は問題ありませんが、問題は返済です。総量規制が導入される2007年より以前は借り過ぎによる多重債務者が社会問題化していました。お金を借りても返せないのであれば意味がありませんし、そういった意味では総量規制は利用者の破産を事前に抑制する働きを持っていることが分かります。ちなみに、複数社から借入を行っている場合は、それらすべての金額を合算した額が総借入額と見做されます。年収600万円の人が、A社から70万円、B社から130万円借りている場合は、それ以上借入を行うことはできません。

上限金利の制限

2つ目は、上限金利の引き下げです。この法律の改正前は、利息制限法上限金利をさらに超えるグレーゾーン金利と呼ばれる金利が存在していました。年20パーセント以上、29.2パーセント未満の金利を差し、グレーゾーン金利によって徴収された利息は本来払う必要がありません。この金利は元金がいくらであっても適用されていたため、たとえ少額であってもお金を借りるリスクは今と比べて非常に高かったことが分かります。現在では法律が改正され、上限金利が引き下げられると共に元金による細かな上限金利も定められました。具体的には、元金が10万円未満のときの上限金利は年20パーセント、100万円未満であれば18パーセント、100万円以上では15パーセントとそれぞれ決まっています。金利が高い、ということは、返済を続けても元金がなかなか減らないことを意味しています。上限金利の引き下げにより、融資を受けるハードルは下がったと言えるでしょう。

過払い請求権

最後にご紹介するのは、利用者が持つ過払い請求権についてです。2010年に出資法や貸金業法が改正されるまで、貸金業者は利息制限法による上限金利20パーセントを超える金利でお金を融資していました。当時は出資法と呼ばれる別の法律の上限金利が29.2パーセントまであり、これによって上の項でも述べたグレーゾーン金利が発生していました。グレーゾーン金利に基づいた利息は、本来支払う必要のないお金ですが、債務者が任意で支払うのであれば問題ないとする「みなし弁済」により多くの利用者が支払っていました。つまり、本来は請求すべきでない金利であっても、利用者側が納得して支払っているのなら良い、とする法律です。過払い請求権とは、過去に利息制限法の上限金利20パーセントを超える利息で返済していた人のための法律です。既に借金を完済、または2008年以前からの取引がある場合は払い過ぎたお金を返してもらうことが出来ます。ただし、完済している場合は最終取引日から10年以内に請求しなければ請求権が失効してしまいます。

その業者本当に消費者金融!?闇金の見分け方

お金を借りたことが無い人にとっては、消費者金融と闇金の違いというのは以外にも分かりにくいものです。闇金はそもそもが違法なため、ダイレクトメール等では平然とウソの金利を記しています。そのため判断が難しく、知らない人であれば引っかかってしまっても不思議ではありません。実際、お金を借りてからしばらくして闇金だと気付いたという人もたくさん居ます。闇金は金利が法外なだけでなく、貸したお金を回収するためなら手段を選ばないため危険です。とはいえ闇金の特徴さえしっかりと理解しておけば、見分けるのはさほど難しいことではありません。最も分かりやすいのは貸し付け条件です。闇金はどこからも融資を受けられない多重債務者をターゲットにしています「ブラックでもOK」や、「他社で断られた方歓迎」などの文句を見たら警戒しましょう。そして、見分けるために最も確実な方法は貸金業登録番号を照会することです。貸金業を開業するためには国の認可が不可欠であり、したがって闇金のような非正規の業者はこの登録番号を持っていません。もし怪しいと感じた金融業者が登録番号をとっていたら、その番号をインターネット等で調べればすぐに照会することができます。詐称であれば照会そのものができないか、別の登録業者が出てきます。

消費者金融を利用する際の3大注意点

繰り返すようですが、お金を借りるという事は少なからずリスクを孕んでいます。借りた直後は返済が楽でも、長期化すれば急な出費に耐えられなくなり、返済が滞ってしまう可能性があります。近年では即日融資やWEB完結借入が常識化しつつあり、借入そのもののハードルが大きく下がっています。手が出しやすくなったとはいえ、お金を借りていることには変わりありません。この項では、実際に消費者金融を利用する際に押さえておきたい3つのポイントについてそれぞれご説明します。

あらかじめ返済計画をしっかり立てる

お金を借りたら、必ず返す必要があります。これはお金を借りる前から分かり切っていることで、つまりそのための準備は欠かせないということです。返済計画を立てるには、まずいくら借り入れるのか、また借り入れているのか、金利はいくらか、どれだけの支払い回数で完済できるかをきちんと把握しておく必要があります。複数社から借りている場合はリスト化し、それぞれの借入残高を明確にします。次に、自分の収入から逆算して月々の返済可能額を計算します。単純にたくさん返して早く完済しようと考えたり、逆に毎月楽をしたいからと返済額を低く設定してしまってはいけません。自身の収入から生活費を引き、残った分を返済に充てる形になりますが、ここで注意点があります。生活している以上、毎月全く同じ額の支出があるわけではないので、支出に関しては少し多めに設定しておくと良いでしょう。短期間で完済できるのであれば、食費や交際費を削って早めに完済するのもアリですが、長期返済ともなればそううまくはいきません。このようにして算出した金額を元に、毎月いくら返せばいつまでに完済できるのかを明確にします。借入前、もしくは借入直後に返済シミュレーションをしておくことで、後々慌てなくて良くなるでしょう。

借入先の件数と利用額を多くしない

当然ですが、お金は借りる額が少ないほど完済しやすくなります。つまり、借りる際は本当に必要な分だけ借りるべきということです。なんとなく遊ぶお金が足りないから、欲しいものがあるからと借入を行うのは危険です。安易な気持ちのキャッシングは責任感が伴わず、「返すべきお金」という意識が希薄になります。ダラダラと借入を続けると、気づいた時には手に負えない負債額となり債務整理しなければいけない状態に陥ってしまった人も多く存在します。また、借入先もたくさん持つべきではありません。完済を目指すうえで、返済額の管理が難しい、面倒というのは予想以上に大きな負担になります。いつが返済日で、それぞれいくらずつ返せば良いか分からなくなると返済の目途が立ちにくくなり危険です。上の項でも述べましたが、返済計画を立てることは重要ですから、返済計画を立てやすくするのもまた同じくらい重要です。

滞納、踏みたおしのリスクを熟知する

消費者金融も、それを利用する側も、法律で定められたルールに則って取引を行います。ルールを破れば、当然ペナルティが課せられます。たとえば借りたお金を期日までに返済できなかった場合はどうなるでしょうか。すぐにこちら側から連絡し、返済できなかった理由と、いつまでになら返済できるという約束を取り付けそれを守れば大事にはなりません。滞納したうえで金融業者側からの連絡を無視し続けると、踏み倒しであると判断され最悪財産を差し押さえられます。当然、会社や知人にはその事実は知れ渡りますから社会的な信用は皆無になります。個人情報機関にも事故履歴が残りますから、次またお金を借りたいと思っても融資を断られてしまうのです。滞納や踏み倒しは利用者にとって多くのリスクを孕んでいることを理解しましょう。

消費者金融の審査の注意点

消費者金融でお金を借りる際、必ず審査が行われます。金融業者が最も避けたいのは、貸したお金が返ってこない「貸し倒れ」のリスクを抱えることです。消費者金融は審査を通して、利用者がきちんとお金を返してくれる人か否かを判断するのです。注意しておきたいのは、審査で見られるのはその人の社会的なステータス部分ではないということです。年収や地位が高くても、その生活が安定していなければ審査では有利に働きません。審査で見られるのはあくまでも信用性であるということを念頭に置いておきましょう。

消費者金融の審査で重視される点とは?

上の項では消費者金融における審査の注意点について述べましたが、ここではより掘り下げて、具体的に審査で重視されるポイントについてお話しします。まず大前提として、審査で図られるのはその人の信用性です。ポイントとしては、安定した収入、債務状況、の有無の2つです。それぞれみていきましょう。収入は、もちろん多いに越したことはありません。ただし、審査で重視されるのはそれが安定しているか否かです。年収で見れば多くても、月収で見ると差が激しいといった場合は警戒されます。債務状況は、すべて個人情報機関に保存され記録されています。たとえば何社からも借入を行っている人は警戒され、審査に通りにくくなってしまいます。特に延滞の履歴があったりすると、審査の通過はかなり厳しいものとなるでしょう。

申し込み時に注意したいポイント

消費者金融に申し込む際にも、注意しておきたいポイントがあります。よくあるのが、1社だけでは審査に通るか分からないからと一度に複数社の申し込みを行うことです。これをやってしまうと警戒され、余計審査に通りにくくなってしまいます。個人間のお金の貸し借りで考えてみると分かりやすく、誰彼構わずお金を貸してと頼んで回っているような人は、やはり信用に欠けます。相手が企業であってもこの基本的な部分は変わりません。複数社に申し込む場合であっても、まず1社申し込んでから審査を受け、合否の結果を確認してからにしましょう。

在籍確認って何するの?

カードローンに申し込むと、審査の一環として在籍確認が行われます。これは、利用者が実際にその勤務先に在籍しているかどうかを確認するものです。こう聞くと、借金が同僚や会社の上司にバレてしまうのではないかと不安になってしまいますが、過剰に心配する必要はありません。消費者金融側は在籍確認の際、会社名ではなく個人名を用います。在籍確認それ自体によって借金が発覚することはあまりありません。ただし、普段ほとんど電話を受けない業種であったり、勘の鋭い人が周りに居る場合は話が別です。消費者金融側は極力配慮してくれますが、バレる確率はゼロではないと覚えておきましょう

返済に関する注意点

この項では、お金を借りたら必ず考えなければいけない返済に関する注意点についてお話しします。一口に返済と言っても、どの方式を選ぶのか、毎月の返済額をいくらにするのかは人それぞれ違います。万人共通のベストな返済方法があるわけではありませんが、ポイントは共通しています。以下の項で、返済方法、具体的な返済計画の立て方と併せて、万が一返済不能に陥った場合の対処法をご説明します。特に長期にわたって返済を行う場合は重要になってくるポイントですから、しっかりと覚えておきましょう。

基本的な返済方法

キャッシングの返済方式には、大別して2つの返済方式が存在します。1つは一括返済方式、2つ目は定額リボルビング返済方式です。それぞれ特徴とメリット、デメリットがありますから、順番にみていきましょう。一括返済方式は、読んで字の如く借りた分を一括で返済してしまう方法を言います。メリットとしては、完済までが短期間であるため支払う利息が少なくて済みます。しかし、一度に負担する額が大きくなりがちのため、まとまった現金が無ければ選択肢に入りません。また、多額の借入には向かないため利用できるケースは限定されがちです。2つ目の定額リボルビング方式は、最もメジャーな返済方式です。元金に対し、一回あたりの返済額を固定して返済を行っていきます。メリットは、借入額が大きくても対応が可能である点と、毎月の負担額を減らすことができる点です。反面、返済期間が長くなりがちで、その分利息を多めに払わなければいけません。

返済計画のたて方

無理なく、効率よく返済をしていくうえで、事前に返済計画を立てることは重要です。とはいっても、具体的にどうすれば効果的な返済計画を立てられるのか分からない方もいるのではないでしょうか。上の項でも述べましたが、返済計画を立てるには、まず自身の借入額を明確にしておく必要があります。複数社から借りている場合はリスト化し、それぞれの返済額と返済日を明確にします。また、収入と支出から生活費を計算し、月々いくらであれば無理なく返済できるのかを把握しておくと良いでしょう重要なのは、返済しすぎ、しなさすぎの両極端に陥らないことです。自分にとって最もバランスの良い返済額を分かっておけば、大事には至りません。

返済遅延・返済不能になった場合の対処方法とは?

では、返済が追い付かずに延滞、もしくは職を追われて返済不能になってしまった場合はどうすればよいのでしょうか。それぞれのケースについてみていきましょう。まず延滞しそうな場合ですが、まずはその旨を消費者金融側に伝えます。延滞が確定したからと言って、即座に法的措置を取られるわけではありません。延滞の理由を説明し、いつまでになら返済できると約束すれば大事には至らないのです。良くないのは、延滞が確定しているにも関わらず連絡せず、そのまま期日を過ぎてしまうことです。悪質な場合は法的措置が取られる可能性もありますから絶対にやめましょう。次は、様々な事情により返済不能に陥った場合の対処法です。どうやっても返済できない場合は、債務整理に頼るしかありません。返済ができないのであればそれを素直に認めて、早めに手を打っておいた方が得策です。長引けば長引くほど生活の再建が遅れてしまいます。

おすすめ大手3大消費者金融を紹介

最後に、おすすめできる大手の消費者金融を3社、ご紹介します。どの業者もテレビCM等で知名度が高いため、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。大手である、ということはそれだけ実績があるということであり、それは信頼に直結します。ただお金を貸すだけではなく、諸々のサポートも含めて一流の企業を厳選しました。それぞれ特徴を見ていきましょう。

レイクALSA

テレビCMでも有名なレイクALSAは、特に融資スピードと新規客に優しい180日間無利息サービスが特徴です。申し込みから融資まで最短1時間と、他の業者を圧倒する融資スピードが魅力です。また、レイクALSAを初めて利用する人の場合、30日間ないしは180日間、無利息でお金を借りることができます。ただし注意点として、30日間無利息サービスは利用額のすべてが無利息になるのに対し、180日間無利息サービスは借入額のうち5万円までしか無利息になりません。どちらを選ぶかは自由なため、自分のスタイルに合った方を選択しましょう。

>>レイクアルサでお金を借りる方法

アコム

次にご紹介するのは老舗のアコムです。アコムは目立った特徴こそないものの、利用者のサポート体制はさすが老舗といった感じです。多くの人は借入した事実を隠したいと考えますが、アコムはその点を考慮し家族や知人にバレにくい対策を事前に用意しています。返済方法も複数用意し、どんな人でも無理なく返済が行えるよう環境も整えられています。サポートが充実しているということは、初めてお金を借りる方でも安心ということです。

>>アコム

SMBCモビット

最後にご紹介するのはSMBCモビットです。この消費者金融最大の特徴は、WEB完結借入を利用することで、職場への電話連絡を無くすことが出来る点です。これは上記2社以外で見ても、SMBCモビットだけの独自サービスとなっています。また、専用のスマホアプリを利用することで、コンビニに設置されているATMから借入と返済の両方を行うことが可能です。SMBCモビットは、特にオンライン上での取引に特化した金融業者であるとみて良いでしょう。

>>SMBCモビット

まとめ

昨今、お金を借りるハードルは下がり続けています。即日融資が常識化し、思い立ったその日には現金を手にすることができます。ただ、いくら簡単に借りたお金でも、返さなければいけないことに変わりはありません。自分にはどの消費者金融が合うのか事前に調べ、返済計画を立てることも怠らないようにしましょう。きちんと毎月返済し、しっかり完済さえできれば、キャッシングは非常に便利なものです。

【JスコアのAI審査でお金を借りるコツとは!? 借入要点解説&3大カードローン比較で検証!!】

カードローンでお金を借りる際には必ず審査がありますし、総じて審査では継続的に見込める安定した収入が重要視されています。 収入に波があるフリーランスのプログラマーなどは審査で不利になりかねないため、カードローンの審査に自信 […]

続きを読む

【プロミスレディースキャッシング】主婦でもお金借りられる女性専用ローンがスゴイとウワサ

消費者金融カードローンは、スピーディな融資対応がメリットです。 冠婚葬祭やケガの治療などで急な出費が必要になったときや、申込の当日中にお金を受け取りたいときなどに重宝します。   しかし、オペレーターが男性だと […]

続きを読む

レイクALSAで最短でお金を借りる方法とは!?審査の注意点&借入5大利点も徹底検証!!

新生銀行グループのレイクALSAでお金を借りる場合、まずは融資審査を申し込む必要があります。 少しでも早く、お金を借りるためには審査の注意点をチェックしておきましょう。 またレイクALSAには借入に関する5つの利点もある […]

続きを読む

アコムでお金を借りるなら?土日祝日も即日融資!アコムで借りるポイント

アコムは土日祝日でもお金を借りられる!? 消費者金融業者は平日の14時までに申込みをし審査に通過すると即日融資が受けられますが、土日の申込みだと即日融資を受けられないケースもあります。   なぜ土日は即日融資が […]

続きを読む

プロミスでお金を借りるなら即日で借りられる!?即日審査で気をつける事

  大手消費者金融として知られる「プロミス」は、申込み当日中にお金を借りることが出来ます。 いわゆる「即日融資」が利用出来ることは消費者金融の大きな特徴となっていました。 消費者金融系と銀行系では大きな違いがあ […]

続きを読む

アイフルでお金を借りる!審査時間:最短30分即日融資で借りる為の申込~審査・在籍確認のポイント

アイフルでお金を借りて返済するまでの流れとは?ネット完結か自動契約機を利用するか アイフルでお金を借りるために申込み・契約をする方法は大きく分けて①スマホ・パソコンからインターネット申込み、②自動契約機で申込みの2つに分 […]

続きを読む

SMBCモビットでお金を借りる!Web完結で家族にバレずに借りる

キャッシングを利用したいけど、在籍確認や郵送物などで同僚や家族にバレるか心配している方は非常に多いです。   SMBCモビットではそんな方のためにweb完結のサービスを提供しています。   SMBCモ […]

続きを読む