お金を借りる

【任意整理ちょっと待て】おまとめローンで破産回避!申込み後も生活費のお金を借りられるって本当?

お金を借りている人の中には、たくさんの金融業者から借入を行った結果、何かと都合悪く感じている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな時に利用したいおまとめローンの活用術と、申し込み後もお金を借りるための要点を分りやすく説明していきます。

おまとめローンの基礎知識

まずはおまとめローンについて基本的なことからお話していきます。

おまとめローンとは、その名の通り複数社から借りている借金を、一本化してしまうことを言います。

複数社からお金を借りるのは、何かと不便を被ります。

1社あたりの返済額は少額でも、複数ともなればその金額は無視できないものになります。

また、返済日が統一されていないためお金の管理が面倒であったり、金利や元金が違うためそれぞれの返済状況が把握しづらく管理も難しくなります。

せっかく返済計画を立てていても、把握しづらくては意味がありません。

返済先を一か所にしてしまえば、管理が楽になり返済状況も把握しやすくなるため、より返済計画が立てやすくなるというメリットがあります

さらに、おまとめローンは総量規制の対象外であるため、自身の年収による制限を受けることがありません。

つまり、合算した借入額が年収の3分の1を超えていても問題ないのです。

次の項から、おまとめローンについてより詳しくご説明します。

おまとめローンの特徴と定義

では次に、おまとめローンの定義とその特徴についてご説明します。

おまとめローンを簡単に言えば、複数の業者からの借入を、「借り換え」によって一本化する方法です。

「借り換え」とはつまり、新規に別の業者から融資をしてもらい、そのお金を元に借入をしている業者すべての借金を一気に返済してしまう方法のことです。

例えば、A社B社C社からお金を借りていて、それぞれ返済日がバラバラの場合管理が大変です。

おまとめローンを利用すれば、返済日が統一されるため返済金の管理がしやすくなります。

また、金利が安くなる場合もあり、複数社からお金を借りている方にとっては魅力的なサービスです。

ただし、おまとめローンはメリットばかりではありません。

置かれている状況によっては、利用に熟考を要する場合もあります。

おまとめローンは融資金によって現在抱えている借金を全額返済します。

すると、利息制限法による引き直し計算が行われず、減額及び過払い金請求の機会を失ってしまうのです。

簡単に言えば、減らせる借金を減らさずに返済してしまう可能性があるということです。

こうしたデメリットがあることも念頭に置いておきましょう。

おまとめローンが有効な人とは?

おまとめローンを特に有効に活用できる人とは、どんな環境に置かれた人でしょうか。

結論から言うと、複数の金融業者から借入を行っている「多重債務者」と呼ばれる人です。

ではなぜ、多重債務者と呼ばれる人におまとめローンが有効なのでしょうか。

例えば3社にそれぞれ月々1万円ずつ返済していると仮定した場合、毎月の返済額は合算して3万円です。

これをまとめて一社から借入することによって、月々の返済額を1万円で済ませることが可能になります

これは一例に過ぎませんが、多くの場合は月々の返済額を大幅に減らすことができます。

収入と比べて月々の返済額が多すぎるといった方は、特におまとめローンが有効になります。

返済が楽になるということは、それだけ完済の目途が立ちやすいということでもあります。

毎月の返済額を減らせばそれだけ完済までの時間がかかりますが、負担に耐えながらなんとか返済をしていくのはつらいものです。

無理をした結果返済不能に陥り、最悪自己破産ということも十分考えられますから、複数社から借入を行っていて、月々の返済額を負担に感じている人は積極的に活用すると良いでしょう。

おまとめ商品が利用できる消費者金融を比較

この項では、おまとめローン商品を提供している消費者金融取り上げ、それぞれ特徴をつかんだうえで比較していきます。

普通にキャッシングを行う場合でも、消費者金融ごとに金利に違いがあるように、おまとめローンにも差があります。

ポイントとなるのは主に、金利、返済効率化への見込み、追加融資の有無などです。

ついつい金利の安さに目が行きがちですが、長期の返済が考えられる場合は返済がどの程度効率化されるかも重要なポイントになります。

また、注意点として、おまとめローンはすべてのローンが対象になっているわけではありません。

商品によって、まとめられるローンの種類はあらかじめ決まっているのです。

たとえば貸金業者のローンのみおまとめ可能という消費者金融では、銀行系ローンはおまとめローン対象外となります。

申し込む前に、まずは自分のローンの種類がどれに該当するのか、自身のローンもおまとめ対象となっているか調べておくと良いでしょう。

大手消費者金融

まずは大手消費者金融のおまとめローン商品からご紹介します。

ここで取り上げるのは、全国的に知名度も高い「アイフル」です。

消費者金融と言えばアイフルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

アイフルが提供するおまとめローン商品は2種類あり、それぞれ「おまとめMAX」と「かりかえMAX」という名称です

どちらも他社借入をアイフルで一本化するための商品ですが、「おまとめMAX」は以前アイフルを利用したことがある人向け、「かりかえMAX」はアイフルを初めて利用する人向けの商品です。

金利はどちらも3.0パーセントから17.5パーセント、限度額は800万円、返済回数は最長120回の10年となっています

上の項でも述べましたが、おまとめローンは総量規制の対象外であるため、限度額は額面通り受け取って問題ありません。

ただし、審査に通過するかどうかは人それぞれ違うため、初めから鵜呑みにしないよう注意しましょう。

アイフルが提供するおまとめローン商品最大の特徴は、最短即日融資が可能であるという点です。

銀行系ローンでは融資までに数日以上要するのを考慮しても、これは大きなメリットです。

ただし即日融資を受けるためには直接店舗に出向く必要があるため、少しハードルは上がります。

また注意点として、「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の両商品は返済専用のため、追加借り入れを行うことが出来ません。

一度申し込んだら、別口で新たな借入を行ってしまわないように注意しましょう。

中小消費者金融

次は中小消費者金融のおまとめローン商品をご紹介します。

普段はあまり目にしない中小消費者金融ですが、目的別に特化していることが多いのが特徴です。

中小消費者金融では、東京スター銀行が提供する「スターワン乗り換えローン」が人気の高い商品です。

金利は12.50パーセント、限度額は1,000万円と、アイフルと比較してもかなり好条件であることが分かります

特に金利が12.50パーセントで固定されていると、自身の借入額と照らし合わせて月々の返済額をあらかじめ算出することができるため便利です。

また、WEB完結制度を導入しているため、仕事や家事で忙しくなかなか自由な外出の機会が取れない人でも安心です。

ただし、アイフルのように即日融資には対応していません。

融資スピードは3週間から1か月と、かなり長くなっています。

利用する際には、早めに計画を立てて申し込んでおく必要があるでしょう。

おまとめローンは誰でも利用できない!?審査の難易度を検証

たとえば、消費者金融から普通にキャッシングを行う場合でも、必ず審査があります

これはおまとめローンでも例外ではありません。

つまり、申し込めば誰でも利用できるというものではないのです。

この項では、おまとめローンの審査難易度について検証してみましょう。

結論から言えば、おまとめローンの審査内容はカードローンに申し込んだときと変わりません。

年齢や年収、職業や雇用形態、住宅ローン等債務の有無が審査されます。

細かな点では、おまとめローンの場合は他社からの借り入れ状況をより詳しく申告するよう求められます。

このように、難易度そのものはカードローンとさほど変わらないため、それほど身構える必要はありません。

しかし、実際には「おまとめローンの審査はカードローンよりも厳しい」という声がそこここから挙がっています。

これは何故でしょうか。

まず、おまとめローンを検討する人は、新規でカードローンを申し込む人に比べて債務の額が違います。

多重債務で苦しむからこそおまとめローンを利用するのであって、その時点である程度ハンデを負っていると考えられるのです。

おまとめローンの審査が厳しいのではなく、審査を通過しにくい理由は利用者側にあるということです

5社以上で借入している場合は審査に落ちやすい

上の項では、おまとめローンの審査難易度についてご説明しました。

この項では、さらに理解を深めるために具体的な例を用いて、どういった場合に審査に落ちやすいのかを見ていきましょう。

たとえば年収や年齢、借入額も同程度の2人が、一方は2社から、一方は5社からそれぞれ借入していると仮定します。

この場合、おまとめローンの審査に有利に働くのは前者の2社から借入している人になります。

借入額が同程度なのになぜ差が生まれるかというと、信用が大きく関係しています。

5社から細かく借入をしている人は、見ようによってはそれだけ低い限度額しか与えられていないと取ることができます

低い限度額しか与えられないのはその人の信用が低いからであり、何かしら問題があるのではと勘繰られても仕方ありません

これが、借入先が少ない方が審査を有利にすることができる理由です。

例では分かりやすく2社、5社と書きましたが、実際おまとめローンにおける他社借入件数はどの程度許容されるのでしょうか。

金融業者によって基準は違いますが、おおむね3社が一つの目安だと考えておいて問題ありません。

4社以上、5社以上になると、何か問題があるのではと懸念され、審査を通過しにくくなってしまいます。

後々おまとめローンの利用を考えている場合でも、借入件数には十分注意しましょう。

年収や勤務年数も審査で重視される

おまとめローンも現金を融資する商品である以上、顧客の信用情報が何より重要になります。

貸したお金が返ってこない、所謂「貸し倒れ」のリスクを避けたいと考えるのは、企業として当然のことです。

そのため融資の際には必ず審査が行われますが、中でも年収や勤務年数が特に重視されます

通常のカードローンの場合、総量規制の対象となるため、まず年収を知らなければ限度額を決定することができません。

年収が安定しない人はお金を貸しても返せる見込みが薄いため、警戒されます。

勤続年数は融資に直接関係しないように見えますが、相手の信用を図るといった意味では重要な意味を持ちます

あちこち転職を繰り返している人は収入が安定せず、融資にはやはり貸し倒れのリスクが付きまといます。

お金を借りる際は、年収の高さや勤務先云々よりも、まずはそれらの生活が安定していることが何より重要です。

基本的な審査内容がカードローンと変わらないおまとめローンでも、同様のことが言えるでしょう。

審査落ちにつながる「多重申し込み」とは?

自身のクレジットカードの利用履歴等はすべて、個人情報機関と呼ばれる機関に保存されています。

いつカードを発行し、どの程度の頻度でどの程度の額の利用があるのか、また延滞が発生した場合はその日付などが細かく記されています。

金融企業が審査の際に利用者のクレジットカード情報を照会する必要がある場合、この機関に問い合わせてその人の利用履歴を照会することになります。

そこで注意したいのが、「多重申し込み」です。

これは簡単に言えば、短期間に複数枚のカードの申し込みを行うことです。

具体的な目安としては、1ヶ月の間に3枚以上のクレジットカードに申し込むと多重申し込みと見做される可能性が高くなります。

ではなぜ多重申し込みが審査落ちに繋がるのかと言うと、理由は単純で「信用に欠けるから」です。

個人間のお金の貸し借りで考えてみると分かりやすく、短期間で誰彼構わずお金の無心をしているような人はやはり信用されません。

融資を商品として扱う企業であれば尚更で、お金に困っていることが明白な人には貸したくないというのが本音です。

審査に通らなかったからといって、短期間でたくさんのカード会社に申し込むのは賢いとは言えません。

実際の借入から返済までのプロセスを解説

次はより具体的に、実際にお金を借りたと仮定して返済までのプロセスをご紹介しましょう。

借りたものを返す、というのは当然のことですが、一括で返済できない額を借り入れるのであれば事前に返済計画を立てておくのがおすすめです。

月々これだけ払えばこれぐらいの期間で完済できる、という簡単な概算を出したとしても、生活している以上どのような出費が発生するか分かりません。

借りたお金はできるだけ早く完済するのがベストですが、自身の収入や生活費によっては苦しいこともあります

かといって月々の返済額を少なくしすぎると完済までに時間がかかり、余計な金利を多く払ってしまうことになります。

この項では、月々の返済額をはじめ、返済が始まってからの注意点や覚えておきたいことについてご説明します。

備えあれば憂いなし、お金を借りる前から必要最低限の知識は持っておきましょう。

毎月の返済額には気をつける!

融資を受けると、月に1度返済日が訪れるようになります。

いくら借りるか、いくらずつ返すかは人それぞれ異なりますが、きちんと完済するには毎月の返済額が非常に重要です。

たとえば月収が25万円、生活費が18万円かかるとすると、自由に使えるお金は残り7万円です。

早く完済するために返済額を5万円とした場合、手元に残るのは2万円です。

人によっては月に2万円も使えれば十分だという人も居ますが、たとえば車検や医療費、友人の結婚等急な出費に対処しづらくなります。

無理して早い完済を目指すのはあまり現実的ではありませんから、毎月の返済額はある程度余裕を持って決めるのが良いでしょう。

逆に、毎月の負担を減らしたいからと返済額を極端に低くしてしまうと、それだけ完済までに時間がかかってしまいます。

時間がかかるということは、その分金利を多く払わなければいけないということです。

たとえば30万円を借り入れ、これを12回で完済した場合、発生する金利は3万円程度です。

返済回数を3倍の36回にすると、確かに毎月の負担は減りますが発生する金利は9万円を超えてしまいます。

このように、長期的に見た際にどちらが良いかをよく考える必要があります。

消費者金融で延滞したらどうなる!?

返済期日までにお金を返せない、返さないことを「延滞」と呼びます。

延滞は勿論、約束を破っているわけですからペナルティを課せられます。

この項では、消費者金融で延滞をした場合どうなるのか詳しくご説明します。

まず、延滞が発生した時点で遅延損害金の発生が確定します

基本的に延滞した日数分だけ、金利が割増されていくシステムになっています。

それに加え、金融業者の対応が段階的に変化していきます。

延滞直後は申告した電話番号に金融業者から電話がかかってきます。

この時点で払えなかった理由を説明し、いつまでになら返済可能であると新たに約束を取り付ければ問題にはなりません。

しかし、故意か否かは別として、電話に出られなかった場合は自宅に督促状が届きます。

それを無視し続け、延滞が発生してから2か月、3か月が経過すると借入残高の一括返済を求められます。

それすら無視し続ける場合は、最終的に法的措置がとられ、給与や財産の差し押さえが行われます。

流石に延滞してから3か月以上連絡を無視するといったケースは稀ですが、延滞はたった1日でも信用情報に事故履歴として記録されてしまいます。

綿密な返済計画のもと、延滞だけは起こさないようにしましょう。

おまとめローン返済中に追加融資を受けることはできる?

結論から言うと、おまとめローンの返済中に追加融資を受けるのは非常に困難です。

一部の銀行では、ローン申請時に利用限度額が定められ、返済を重ね借入残高が利用限度額を下回った場合にのみ追加融資が認められます。

つまり、他社借入を一本化した直後に追加融資を受けるのはいずれにせよ不可能ということです。

また、おまとめローンで他社借入を一本化すると、それまで借入を行っていた金融業者へは完済扱いとされ、優良顧客と見做されます。

すると金利を引き下げての追加融資の相談や、利用限度額の引き上げ等勧誘の連絡が来ることがあります。

そこで借りてしまっては、せっかく一本化した借金も全く意味を為さなくなり、最悪また多重債務を負ってしまうことになりかねません。

そうなってはもう完済は絶望的、後に残されるのは自己破産だけという状態になりますから、一度借金を一本化したら後は何があっても借りないという強い意志が求められます。

おまとめローンと「総量規制」の関係

最後に、おまとめローンと総量規制の関係についてお話ししましょう。

総量規制とは、貸金業法によって定められた借入金額の上限を言い、原則としてキャッシングできるのは年収の3分の1までとなっています

年収が600万円の人であれば、借りられるのは原則200万円までということになります。

これは、金融業者側の貸し過ぎ、利用者側の借り過ぎを抑制するために定められた法律です。

では、この総量規制、おまとめローンも対象となるのでしょうか。

実をいうと、おまとめローンは総量規制の対象外となっています

つまり、年収に関わらず借入を行うことができるのです。

とはいえ利用限度額はあらかじめ決められており、あくまでもその範囲内であれば年収の3分の1を超えて借入できます

多重債務に戻らないために注意したい3大ポイントとは?

上の項でも述べましたが、せっかくおまとめローンを利用して借金を一本化しても、新たな借入を行ってしまえばまた多重債務に逆戻りしてしまいます。

おまとめローンはほとんどの場合、追加融資を受け付けていませんからより一層事態は深刻化してしまいます。

この項では、おまとめローン利用後、また多重債務に逆戻りしてしまわないためのポイントを3つ、ご紹介します。

「自分は大丈夫」と思わず、まずは最悪のケースを想定したうえでプランを立てることで、臨機応変な対応が可能になります。

①家計・支出を見直す

おまとめローンを利用すると、多くの場合それまでよりも金利が低くなります。

金利が低くなれば、毎月の返済額を少し減らしても、最終的に支払う利息はそれほど高くなりません。

ここで一度、家計と支出を見直し、それを収入に当てはめることで、具体的な数字を出してしまいましょう。

毎月いくらずつ返済すれば余裕を持って完済できるのか、また急な出費にも対応できるのかプランを立てます

金利が安くなったからと言って生活を切り詰めてまで返済に回してしまうと、急な出費に対応できず結局また新規で借入を行う事になってしまいます。

そうならないためにも、まずは足元からきちんと見直していきましょう。

②返済計画をしっかり立てる

上の項と少し重複しますが、家計や支出を見直したうえで返済計画を立てることは非常に重要です。

可能であれば、月単位の返済計画ではなく年単位の返済計画を立てるとより効果的です

ボーナスがある場合はそれも考慮し、どのくらいの期間で完済できるか細かい部分まで計算しておきましょう。

なるべく早く完済するのが理想ですが、そのために生活を切り詰めてはまた多重債務に逆戻りする可能性が高まりますから、余裕をもった返済計画を立てることが重要です。

借入残高がいくらあるのか把握できないままなんとなく返済を続けていると、そのうち慣れが生じて借入に対する心理的なハードルが下がってしまいます。

返済計画を立てるということは、自身の生活を律することと同義と言えるでしょう。

③おまとめローンの審査に落ちた場合「債務整理」という手段もある

最後に、他社からの借入があまりにも多く、おまとめローンの審査に通らなかったケースについて考えます。

最も良くないのは、多重債務に陥り、返済出来ずに遅延が発生、法的措置を取られないまでも会社や親族に借金の事実が明らかになってしまうことです。

そうなる前に、完済は難しいと感じたら、一度法律事務所に相談するのも手段の一つです。

借金が返せなければ自己破産、というイメージが強いですが、実際はそのほかにも債務整理の方法はいくつかあります

分からないことがあっても、法律の専門家がサポートしてくれますから安心です。

最近では無料相談会を開いてる事務所もたくさんありますから、返済が苦しくなったら訪ねてみると良いでしょう

まとめ

おまとめローンは分かりやすく言えば「借り換え」であり、「借金の移動」です。

複数社から借入を行っている場合は、管理がしやすくなるため便利です。

ただし当然、新規で借入を行うわけですから、審査は存在します。

申し込みさえすれば誰でも利用できるわけではないということを覚えておきましょう。

一度借金を一本化したら、追加融資はほぼ望めませんから、家計と支出を見直し、新たな借入を行わないように注意しながら完済を目指しましょう。